ウラモオモテモ

インストラクターやって12年。運動は大人になってヨガから始めて、空中芸のパフォーマーにまでなりました。インストラクターでもそうでなくても、ヨガをするたくさんの人に、知って欲しい事があります。

エアリアルヨガ養成講座の選び方【ウラ】

こんにちは。今日は前回の続き【ウラ】です。

 

ヨガの世界には何故か「否定をしてはいけない」「マイナス発言をしてはいけない」という暗黙のルールのようなものが存在します。

(元は仏教の否定も肯定もしないという考えかたから来ているものと思います)

もちろん闇雲に否定するのは、良くないでしょうし、自分で自分の脳に制限をかけることになもなります。なので無駄な否定はしないに越したことは無いのでしょうが、ヨガの世界の場合はそれがなんだかどこかがおかしいのです。全てを受け入れなければいけない、全てを否定してはいけない、となっているように私は感じます。(私は否定し過ぎてよく失敗します…それもまた真逆ですが良くないですね…)

 

例えばアサナを教える時にも『それは間違いです』とは言わないのです。『こっちの方がもっと良いよ』と言うのですって。

でもこっちの方がもっと良いよってことは、それも間違いでは無いということなのでしょうか?

何か目的があることに対しては、正しいか否かという判断が無ければそこに辿り着かないように思うのですが。

 

なので、本当のことを語る人は少ないです。

本当のことを言うということが、誰かを否定することになってしまうから。

 

明らかに間違ったことをする人が居ても、誰もその指摘をしません。

指摘をしないのは、もしかしたら自分が攻撃されない為?自分を守る為?に他者に対して寛容なフリをしているだけなのかも知れません。

 

でもその寛容なフリは、結局のところ無関心と防衛(自分の為)なんだろうと思います。

 

 

なるべく私の暗黒面が出ないようには書き進めたいと思いますが、今回は【ウラ】です(笑)

 

 

メディアでエアリアルヨガというものが取り上げられて、流行りだして3年くらいでしょうか。ここ2年でインストラクター養成講座もとても増えました。

 

全ての人がそうと思いたくは無いですが、中にはエアリアルヨガを初めて数ヶ月(なんと最短4日です!)でインストラクターになり、数ヶ月で養成講座の講師をやる、という人も少なくありません。

(エアリアルヨガ以外のヨガインストラクター養成講座にも多々問題はあるのですが、それはまた今度)

 

インストラクターと養成講座の講師にはかなりの違いがある、と私は思っています。

1回のレッスンを提供することより、レッスンを提供できる人間を育てることの責任はとてつもなく重いです。ひとつの間違えがそこからねずみ算的に広がっていきますからね。

 

10を知る人が1を教えるのと、100を知る人が1を教えることには、全く別の物だと言っていいほどの差があるのです。

 

今は資格講座にお金を出せば誰でもインストラクターになれてしまうのだけど、養成講座の講師にはきちんとしたヨガ指導の経験や、実力があって欲しいと願っていました。

 

 

残念ながら…

 

実際はそうではないなーと感じ、このblogを始めるに至った訳です。

 

私の本心は、そんな短期間で講座をしたり、インストラクターをする人がいるということを否定しているのだと思います。

その先の、たくさんの生徒のことを考えると、そんな講座があることが本当に残念で仕方ありません。

 

 

 私自身は長くヨガのインストラクターをしているのですが、以前勤めていたスタジオでエアリアルヨガを始める、またそれを担当するインストラクターを募集するとの事で、その講座に参加したのがエアリアルヨガのインストラクターを始めたきっかけです。

その後は【オモテ】でも書いたように、パフォーマンスを始め、プロとして舞台に立たせていただき、本当に書ききれないほどたくさんの勉強をさせていただきました。(ものすごくたくさん練習もしました)

 

その経験があって、自分が講座をやろうという考えに至りました。

 

どういう順番にしたらわかりやすいだろうか、これが出来るようになる為には何を知らなくてはならないだろうか、どんな練習が必要だろうか、本当に色々な事を考えテキストを作りました。

テキストというのはその先生の頭の中の筋書きや補足、いろんな物を足して、初めて意味があります。

たった数日の講座で教えられることは、自分の何年もの経験で培って来たことのほんの少ししかありません。

 

けれども、テキストがあれば教えられると思う人も実際にいます。

自分が受けた養成講座のテキストを真似て作って教える、そんなことも可能なのです。

 

エアリアルも、ヨガも、どちらにも練習が必要なんです。

人に教えるという事は、自分が経験してきて、自分の一部になったことを伝えていくことなのだと思っています。

講座を受けて、そのまま同じことを言ったとしても、授業は成り立たないし伝わらないのです。

 

そんな講座に人は集まらないでしょ?と思いますよね。

 

そんなことはありません。

先の記事で書いたように、養成講座を受ける人が、きちんと講師のことを調べずに講座を受ける、内容よりも時間や金額といった自己都合を優先順位の上位に持ってくると、そういうことが成り立つのです。

エアリアルヨガ自体がまだ少ないこともあり、受講者側の知識経験不足から、講師の能力に対して判断がつかないということも多いのでしょう。

 

そもそも何の為に講座を受けるのでしょうか。

それを今一度考えて欲しいと思います。

その資格証が、大切な生徒の為になるのか。

目先の仕事を貰う為だけになっていないかどうか。

 

今はどんな先生もスタジオもSNSで配信をしています。

調べようと思えば調べられます。

 

写真や動画をたくさん見比べてください。

見る目を養ってください。

本当に習いたいと思う先生を探してください。

講座主催者に問い合わせて講師の経歴を聞いてみてもいいと思います。

 

きちんとした学びを求めるのは教える側の責任であり、全て、講座修了後のあなたの生徒になる人たちの為です。

 

 

長い文章をお読みくださり、ありがとうございます。

エアリアルヨガ養成講座の選び方【オモテ】

こんばんは。

 

今日は自己紹介は一旦お休みして、エアリアルヨガのインストラクター養成講座についてです。

 

先に記しておきますが、一番大切なのは経験と実力だと思っています。

誰が作ったかわからない民間資格よりも、誰もが認める実力の方がよっぽど大事です。実力というのは努力した証ですからね。

なので本当は資格なんて無くてもいいと思っていますし、逆に資格も持っていてもそれに伴う実力が無ければ意味を成さないのです。

(そもそもヨガを教えるのに資格なんて要らないのです。けれど経営者側がヨガについて無知なことが多いため、資格講座の修了がひとつの目安になっています。けれど現在、講座の修了だけが判断基準になってしまっているという大きな問題があります。だから仕事を増やしたいインストラクターは、今やってることを極めてもないのにどんどん他の資格に手を出すのです。でもこれはとても不健全な状態だと思っています)

 

でも、今の日本では資格ビジネス(そう、ビジネスなんですよね)がとても流行っていますし、その中で迷っている人の助けになればいいなと思い書きたいと思います。

 

 

これからエアリアルヨガの資格講座(に限ったことではありませんが…)を受けようかと思っている方は必ず…

 

講師と直接会ってください。

講師のレッスンを受けてください。

 

それも数ヶ所、複数の講師を見るべきです。

そして比べてみてください。

 

エアリアルヨガの場合は、まだ地方に養成講座が少ない為、講師を見ずに、スタジオもしくは会社名だけで申し込みをする方が非常に多い。

金額、日程が受講者側の優先順位の上位に来ます。

 

本当にそれで良いのでしょうか?

 

私のところには、他の養成講座を受けた人が来るのですが、殆どの人のレベルがあまりにも低い…低すぎます…。

 

毎回、これで他人に生徒に、教えて良いのですか?と問くのですが、繰り返し同じような人ばかりが来るので、養成講座自体に問題があるのでは?と考えました。

 

その養成講座の講師の経歴や実際をちゃんと見てますか?

 

私は海外の養成講座を受けた人の養成講座を受け、エアリアルのインストラクターを始めました。

けれどもその先生、その先生が受けた海外の先生、どちらもエアリアルのプロではありませんでした。

その海外の先生の先生は、エアリアルのプロパフォーマーとしてもヨガティーチャーとしても経歴がある方でしたが、私からすれば又聞きを聞いたに過ぎないわけです。

 

これではいけない、自分で本当のエアリアルを知らなくては人に教えることは出来ない、とエアリアルパフォーマンスを習い始めました。

結果としてパフォーマーとしてもプロとして3年もの期間、舞台に立たせて頂くことが出来たので、今では、エアリアルとしてもヨガとしてもきちんとしたものを人に伝えられる経験が出来上がりました。

 

はっきり言って、初めにエアリアルヨガ養成を自分が受けた時に習ったことと全く違うことをいまやっています。

体もすごく変わりました。

自分が本気でやらないとわからないことが、本当に沢山ありました。

 

私はパフォーマンスを始めた時、本当にヘッタクソ(笑)だったので、それはもう、毎日毎日練習しました。普通のOLさんがタイムカード切って、もう一度切るまでの時間くらい練習していました。

ショーで現場に出ていた時は、朝9時からストレッチして、ショー3回やって、トレーニングとアフターケアをして、夕方6時過ぎでした。

食べ物も、生活リズムも、全てが身体を整える為にありました。

 

結局のところ、どれだけ練習をしたのか。

ここに尽きるのだと解りました。

(これについては、本当に厳しく常に親身に、怠惰な思いに負けそうになる私を、叱って励ましてくれた、エアリアルの師に感謝が尽きません…)

 

エアリアルヨガとエアリアルパフォーマンスは違うからと言われることも多くありますが(観せるためか、健康の為かという最終目的は違いますが、健康な身体でないと観せられないので、結局は同じ道を辿ります。そもそも健康でなければパフォーマーという仕事は無理です、やっているショーで怪我をしたら仕事が無くなる訳ですから。つまり私には何が違うのか解りません)、私はここまでやったからこそ、エアリアルの本質を知ることが出来たのだと思います。

そして本質を理解して初めて、他のもの(ここではヨガ)と合わせることが出来るのだと、強く思います。

 

 

随分と長くなってしまったので、今回はここら辺で終わりにしますね。また続きます。

 

 

 

 

自己紹介②

おはようございます。

今日は私が初めてヨガを習った先生のことを、お話ししようと思います。

 

子供の頃から殆ど運動をしないまま大人になってしまった私は、20歳頃に俗に言うぎっくり腰(ぎっくり腰の定義が曖昧なので、俗称としました)とやらを経験し整骨院に通う日々でした。(あまりに良くある話過ぎてつまらないでしょう?笑)

そこから数年なんやかんやあって(あからさまな省略ですがまぁここはそのうち)、スポーツクラブでパワーヨガのクラスに行ったのですが…。

 

そこは、今思い出しても、いい先生の、いいクラスだったと思います。

高齢の方が多かったのですが、かなり難易度の高いアサナ(ヨガのポーズのこと)もやっていたように思います。(しかも皆さんそれなりに出来ているように当時の私には見えましたが、今みたら違うことを思うかも知れませんね)

その先生は「これはここをこう使いたいから、こうやって」など、スポーツクラブには似つかわしくない、かなり細かいことを教えてくれました。

 

元々はバレエをやってらした方で、その当時はエアロビクスとヨガを教えてらして、私が通い始め数ヶ月経った頃には、今度はスノーボードのインストラクターになるといって辞めてしまいましたが、本当に運動神経とエネルギーの塊みたいな人でした。笑(当時の先生のご年齢は50歳前後だったかと思います。)

その先生が辞め、別の先生になった後、ほどなくして上手だった生徒はみんな居なくなり、クラスのレベルや受ける生徒のレベルがガタッと落ちたことにとても衝撃を受けたことを覚えています。

 

『教え方でこんなにも変わるんだ、いい先生を探さないとならない』

そう、強く思ったのです。

 

初めてヨガを教わったのが彼女で本当に良かったと、今でも思っています。

 

 

初めの先生というのは、本当に大切なんだと思います。

特にヨガを初める時には特に。

 

 何故なら殆どの人が運動初心者だからです。

運動経験が無いから、先生が言っていることが正しいのかどうか、自分で判断が出来ない。

 

ヨガスタジオに行くようになってからよく言われたのが「気持ちいいと感じるところまで」というやつです。

 

いやいやいや、待ってください。

気持ち良いかどうかすら、分からないんです。

なんなら何処も気持ち良く無いんですよ。

だって体が痛いから、辛いから、ヨガやろうかな、なんて思って始めたんですもの。 

私はずっとそう思っていました。

 

気持ち良いかどうかという主観的な判断で良いのだろうか。(それなら私はずっとこたつやソファでゴロゴロしているのが気持ち良いんだけどそれでもいいのかな?笑)

 

今では、脳の仕組みや筋肉の構造を知ったことでそれがどうなのかという事を知っています。

けれど当時は、フワフワとした疑問として、ずっとまとわりついていたのです…。

 

 

長い文章をお読みいただき、ありがとうございます。

次はヨガを仕事に始めた頃に続きます。

自己紹介①

初めまして、こんにちは。

このblogに来てくださり、ありがとうございます。

 

私はヨガのインストラクター、エアリアルヨガのインストラクター、エアリアルヨガ講師養成講座の講師などをしています。

そして、今年の夏まで3年間は、某テーマパークでのエアリアルパフォーマーを務めさせていただきました。

 

もともと私は筋金入りの運動音痴です。体育の成績は常に1か2。(5段階評価で低い方です。笑)

運動を殆どしないまま、大人になってしまい、ヨガを始めたころは、もちろん腕立ても腹筋も1回も出来ません。

そこからどうしてサーカス芸のパフォーマーにまで慣れたのかっていうと、長い長い12年の道のりがあるのですが、これから少しずつお話出来たらと思います。

 

 

blogは、ずっと昔から書かなくてはならないなと、感じていたことです。

ヨガというものが流行になって、行う人が増えて、そしてたくさんのインストラクターが生まれ、今はもう、一般的に皆さんが知っているヨガは、私の知っているヨガとは掛け離れてしまいました。

Instagramを開くと、このレベルの人が教えているのか…と頭を抱えたくなるような人がたくさん居ます。

ほんの少しヨガをやったことのある人が、インストラクター養成講座を受け、すぐにインストラクターになる。(何故なら資格講座は儲かるんです、だからどこのヨガスタジオもやりたい)

 

1番損をするのは誰でしょう?

先生を選ぶ知識もなく、近くのヨガスタジオに通う一般生徒ではないですか?

 

ダンサーであれば、ある程度の実績と経験が無ければ先生にはなれません。(とは言え、ダンサーさんの世界にも最近は色々いるようですが…)

ヨガの場合は、今は資格ビジネスが流行ってしまっていて、お金を出せば誰でも先生になれるというのが現状です。

 

私は自分の生徒には、本物を見分ける審美眼を養いなさいと伝え続け、そしてインストラクターをしている生徒には、努力の方向性を間違えないようにと指導をして来ました。

けれども、本当のことをもっと多くの人に伝えなくてはならないなと、今回blogを開設しようと思ったのです。

 

 

お読み頂きありがとうございます。